Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kohanikki.blog57.fc2.com/tb.php/14-2e35b982
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

笑顔で子育て(第一回)

今日は、地域の市民センターと児童館の共催イベント「笑顔で子育て」の第一回目。
「親子で体を動かそう!」ということで、児童館の先生方と一緒にリズム体操をやった。

運動不足だぁぁ~。
ちょっと動いただけで、「疲れたー」となる。
こはるを抱っこしながら動くのだから、ちょっとは負荷があるけど、泣く子も黙るバレー部の練習を乗り切った体力自慢の面影もない。(って、20年前の話でしょ)

でも、手作りのガラガラを持って唄ったり踊ったりなど、普段、療育施設でやる遊びと変わらない感じがするが、雰囲気が違うのか、全体構成がいいのか、とても楽しく感じた。

今回のイベントは、ダウン症の子育てを応援する「キッズ・パワー」も連携している。
キッズ・パワーの主催者の方にもダウン症のお子さんがいて、地域の市民センターを拠点に月1回の活動をしている。

その方とイベント終了後にこんな話をした。
「自分たちの子供たちが小さい頃、健常児とダウン症の子供たちが、こうして遊んだりするなんて考えられなかった。それでも家にこもらず外へ出ていっていたけど、それは、自分の子供たちより少し大きな子供たち、今、高校生ぐらいのお母さん達がその素地を作ってくれたのよ。」
と話してくれた。

この20年でダウン症児の子育て環境は大きく変わってきたのだろう。
それは、執筆年が古いダウン症児の育児本の内容を見ても分かる。
医療面での対応が良くなり、早期療育を行うのが当たり前になってきている。

一方、地域の中でどうやって子育てしていったらいいのか、まだまだ残る障がいに対する偏見にどうやって接していけばいいのかなど、問題は依然としてある。
それでも、ダウン症児を育てる母親達がいろんな場面で発言し、理解を求め、子育てをする環境を良くしていこうという取り組みが、昔と違う「今」を作りつつあるんだなぁ、と実感している。

キッズ・パワーでも、ダウン症児を育てていく中でどういったことが問題になっているかなど、今、子育てをしている私達に意見を求め、改善するべく働きかけを検討している。
そんな先輩お母さん達を見ていると、「すごいなあ」と素直に感激する。

-みんなちがって、みんないい-
そんなキーワードで企画した今回のイベントには、外国人の親子も何組か参加していた。
世の中に老いも若きも、男の人や女の人、いろんな人種の人たちがいるように、健常の人や障がいを持った人が「偏見なく」「当たり前に」存在していけたらいいな。

頭で理解していても、なかなか難しい現実ではある。
自分だって、こはるがダウン症児じゃなかったら、そのことと真剣に向き合うことなんて無かったに違いない。
でも今は、こはるを始め障がいを持つ人たちが「当たり前」の人生を送れるよう、私たちは微力ながらいろんな場面で声を出していかないと変わらないんだな、と感じている。
まだ何が出来るのか分からないけどね。。。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kohanikki.blog57.fc2.com/tb.php/14-2e35b982
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

むく

Author:むく
こはる
2006年1月生まれ。ダウン症。染色体を1本多く持って生まれてきた。ゆっくり、だけど元気に成長中。

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。