Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C43] お久しぶりです

こはるちゃん、風邪はもうよくなったみたいですね。
たびたび、ブログを拝見しつつコメントを書く余裕がなく、やっと子供達が寝てくれたので参上いたしました。
ポーテージ、検索して知ってはいましたが、家庭でやるなんて私にできるだろうか、、、と「お気に入り」に追加されたままになっていました。さすが、むくさんですね。
話をしたりブログを読んでいて、いつも感心してしまいます。とてもいろいろ調べて、しかも実行にうつしていて。
私は、どれも半信半疑で本当によいものだろうか、と悩んだ挙句、実行にうつまでにいたりません。
自分でやってみないと良いかどうかなんて分からないですよね!むくさんを見習って、私も行動あるのみ、でやってみよう。
わが子の為に。。。
  • 2006-10-04
  • 投稿者 : koko
  • URL
  • 編集

[C44] kokoさんへ

元気ですか~?
どうしてるかなーって思ってました。
時々あれこれやるのも、こはるのためと言いながら、ホントは自己満足なのかなと思うときがあります。
こはるが背負って生きていくものに対し、自分に言い訳しているんじゃないかとか考えてしまいます。
押し付けにならないよう、無理強いしないよう気をつけていますが、実際はどうなのかなぁ。
いろんな人の話を聞きながら、そして悩みながら、こはるにいいんだろうな、と思うものは取りあえず試しているっていう感じです。
ホントは、kokoさんともいろいろ話したいですね。
またお会いする機会があればいいなー。
  • 2006-10-04
  • 投稿者 : むく
  • URL
  • 編集

[C45] できるんだ♪

素敵な先生と会えてよかったですね。誰でも、達成できたことは自分でも嬉しいし、褒めてもらったり共感してもらったら元気がでますね。きっと、こはるちゃんも、むくママも。
子供の発達は嬉しいけど、哺乳とか、ハイハイとか、次の段階に行くともう一生しないことがたくさんあります。たっぷり楽しんでいいですよね。昔はおばあちゃんが「いいよ、いいよ」と近くで言ってくれたのかなと思います。3歳までおっぱい飲んでたとか。
私ね、子育てで気になってることがあって。おむつからパンツに替えた後、半年くらい経って「おもらししてないよ?」と気づいたんです。最後のおもらしのとき、笑ってあげたかな、怒ったかなって。転んで泣いたのも、そういういろいろなこと「これが最後です」ってわからないことばかりです。子供の中ではもしかして「すごく怒られた!」って一生覚えてたりして。うんざりしたときは、これが一生で最後かも、と唱えよう、と思っています。でも、すぐ忘れる・・・。
  • 2006-10-05
  • 投稿者 : きょうこ
  • URL
  • 編集

[C46] きょうこさんへ

ダウン症の子供達の成長は、健常児の倍かかると言われています。
ということは、普通の子育ての倍楽しいってこと?!なのです。
とはいえ、この前まで首が座らないなぁ、寝返りしないなぁ、とやきもきしていたのがやっぱり「うそのよう」な状態です。
確かに、ある状態が長く続いたり、成長が滞ったように感じることがありますが、それでも「あ、出来るようになったね」ということがたくさんあります。
それゆえ、一つ一つの「成果」がきっちり見えるので、喜びもきっちり感じられます。
ふにゃふにゃ、ふわふわの赤ちゃん時代なんてホントに少しですね。
成長の喜びを感じつつ、「最後かも?!」と思って、じっくり味わいます!
  • 2006-10-05
  • 投稿者 : むく
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kohanikki.blog57.fc2.com/tb.php/25-b1863c50
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

子育てのヒント

先週の土曜日は、4週間ぶりに「ポーテージ」に出掛けた。
自宅から車で1時間半ほどのドライブ。
途中、道の駅で野菜を買い付けるのがもっぱらの楽しみ!

ところで、「ポーテージ」と言われても、何のこと?という方もいますよね??

ポーテージは、NPO法人の日本ポーテージ協会が指導を行っている、早期教育プログラム。

ものすごく雑ぱくな説明をすると、子供の発育は、健常児であろうとなかろうと発達は同じ経過を辿るという前提で、その子の現時点での発育を評価して、次の発達を促す刺激を工夫していく、というもの。

全部で576項目に分けられているんだけど、「子供ってこういう段階を踏んで大きくなっていくんだなあ」というのが、率直な驚き。
それと、ホントにこんなことが出来るようになるんだろうか~?って不安が次の感想。

ポーテージは、6つの発達領域に分かれていて、毎回領域ごとに「課題」が出される。
例えば、容器に入った物を取り出すとか、見慣れた人に手を差し出すなど。
それを促すような働きかけを、日常生活の中に取り入れて、次のポーテージのときに日々の様子を報告する。

課題をクリアすることが目的じゃないので、出来なくてもOK。
ホントは出来た方がいいんだろうけど、それにばかり目が行くのは親子共々精神的衛生上よろしくないんだろう、って勝手に解釈して、「出来ませんでしたー」と報告している。

こはるは4か月の頃からポーテージプログラムの指導を受けているが、指導を担当していただいてる先生は、「こんなことも出来るの~?すごいね!!」といつも褒めてくれる。

療育施設に行っても「まだこんなことは出来ませんか?」と聞かれることが多く、「やっぱり遅れてるのかな」と思わざるを得ないことが多い。
ゆっくり発育してると分かっていても、「まだ」を連呼されると、ちょっと辛くなるときが正直、ある。

こはるのペースでいいのにね。

だからなのか、先生の雰囲気に好感を持っているせいなのか、ポーテージに行くと元気になれる。
先生との雑談を通じて、「頑張りすぎないでいいんだよ」って言われているようで、気が楽になる。

ところで、私がポーテージのことを知ったのは、こはるがダウン症だと言われた直後。
ほとんど寝ることもせず「情報が欲しい!」とパソコンに向かっていたころ、あるブログに行き着いた。
同じダウン症のお子さんをお持ちのお母さんが書いていたブログ。
早期療育をやることに戸惑いを感じながら、「子育てのヒントをもらうつもりで」とポーテージを始めたことが書いてあった。

しゃかりきになって「何かやらなきゃいけない!」と思っていた頃に読んだそのブログの内容で、ちょっと一息入れて考えようとした記憶がある。

お陰で、私も「子育てのヒント」をもらうつもりでポーテージを始められたと思う。
スポンサーサイト

4件のコメント

[C43] お久しぶりです

こはるちゃん、風邪はもうよくなったみたいですね。
たびたび、ブログを拝見しつつコメントを書く余裕がなく、やっと子供達が寝てくれたので参上いたしました。
ポーテージ、検索して知ってはいましたが、家庭でやるなんて私にできるだろうか、、、と「お気に入り」に追加されたままになっていました。さすが、むくさんですね。
話をしたりブログを読んでいて、いつも感心してしまいます。とてもいろいろ調べて、しかも実行にうつしていて。
私は、どれも半信半疑で本当によいものだろうか、と悩んだ挙句、実行にうつまでにいたりません。
自分でやってみないと良いかどうかなんて分からないですよね!むくさんを見習って、私も行動あるのみ、でやってみよう。
わが子の為に。。。
  • 2006-10-04
  • 投稿者 : koko
  • URL
  • 編集

[C44] kokoさんへ

元気ですか~?
どうしてるかなーって思ってました。
時々あれこれやるのも、こはるのためと言いながら、ホントは自己満足なのかなと思うときがあります。
こはるが背負って生きていくものに対し、自分に言い訳しているんじゃないかとか考えてしまいます。
押し付けにならないよう、無理強いしないよう気をつけていますが、実際はどうなのかなぁ。
いろんな人の話を聞きながら、そして悩みながら、こはるにいいんだろうな、と思うものは取りあえず試しているっていう感じです。
ホントは、kokoさんともいろいろ話したいですね。
またお会いする機会があればいいなー。
  • 2006-10-04
  • 投稿者 : むく
  • URL
  • 編集

[C45] できるんだ♪

素敵な先生と会えてよかったですね。誰でも、達成できたことは自分でも嬉しいし、褒めてもらったり共感してもらったら元気がでますね。きっと、こはるちゃんも、むくママも。
子供の発達は嬉しいけど、哺乳とか、ハイハイとか、次の段階に行くともう一生しないことがたくさんあります。たっぷり楽しんでいいですよね。昔はおばあちゃんが「いいよ、いいよ」と近くで言ってくれたのかなと思います。3歳までおっぱい飲んでたとか。
私ね、子育てで気になってることがあって。おむつからパンツに替えた後、半年くらい経って「おもらししてないよ?」と気づいたんです。最後のおもらしのとき、笑ってあげたかな、怒ったかなって。転んで泣いたのも、そういういろいろなこと「これが最後です」ってわからないことばかりです。子供の中ではもしかして「すごく怒られた!」って一生覚えてたりして。うんざりしたときは、これが一生で最後かも、と唱えよう、と思っています。でも、すぐ忘れる・・・。
  • 2006-10-05
  • 投稿者 : きょうこ
  • URL
  • 編集

[C46] きょうこさんへ

ダウン症の子供達の成長は、健常児の倍かかると言われています。
ということは、普通の子育ての倍楽しいってこと?!なのです。
とはいえ、この前まで首が座らないなぁ、寝返りしないなぁ、とやきもきしていたのがやっぱり「うそのよう」な状態です。
確かに、ある状態が長く続いたり、成長が滞ったように感じることがありますが、それでも「あ、出来るようになったね」ということがたくさんあります。
それゆえ、一つ一つの「成果」がきっちり見えるので、喜びもきっちり感じられます。
ふにゃふにゃ、ふわふわの赤ちゃん時代なんてホントに少しですね。
成長の喜びを感じつつ、「最後かも?!」と思って、じっくり味わいます!
  • 2006-10-05
  • 投稿者 : むく
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kohanikki.blog57.fc2.com/tb.php/25-b1863c50
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

むく

Author:むく
こはる
2006年1月生まれ。ダウン症。染色体を1本多く持って生まれてきた。ゆっくり、だけど元気に成長中。

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。