Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C5] 糖鎖をご存知ですか?

私のブログでは、体の機能細胞のアンテナ「とうさ」を特集しています。0歳児のダウン症の子供達もすばらしい成長を遂げています。ダウン症の未来に光を当てる事が出来る情報がありますので、是非参考にしてください。

[C6] そうだね

平々凡々とすごしてきた私。今は普通のサラリーマンをしています。
生まれが田舎だったため子供のころから「何でも一番」の子でした。ある時期初めての「挫折」を味わいました。でも今思えば、あれが今の私を形成しています。かなり悩んだけど、今では冒頭のとおり平々凡々。でもこのブログを見つけ、心の中で何かがうなりをあげました。私もこれから「子」を授かる身。スーパーなどに家内と一緒に行くと親子連れの姿がうらやましかったこと。男性の私ですらそうなんだから、家内はことさらだったはず。でも家内も同じようなこといってました。「私とあなたの人生だから・・・」って。うちに帰り、すぐシャワーを浴びるふりをして、いまにも溢れそうだった涙を思いっきり流しました。今も思い出すとダメです。うれしかった。「人生」って、そういうものなのだと「挫折をあじわった若いとき」と「今」の違いはありますが、再び感じたしだいです。
  • 2006-08-18
  • 投稿者 : ap
  • URL
  • 編集

[C7] 不勉強です

てつさん、訪問ありがとうございます。
糖鎖については、ほとんどといっていいほど分かりません。
少しずつ勉強したいと思います。
  • 2006-08-19
  • 投稿者 : むく
  • URL
  • 編集

[C8]

apさん、訪問ありがとうございます!
奥様の言葉が素敵ですね。
年齢を重ねていくと、ホントに思いもかけずいろんなことがありますね。でも、挫折もまたいい肥やしになるんだろうと思います。
自分の身の丈が分かってきた今が、力まず「授かりもの」を大事に出来る時なのかもしれないと感じる日々です。

  • 2006-08-19
  • 投稿者 : むく
  • URL
  • 編集

[C13] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006-08-27
  • 投稿者 :
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kohanikki.blog57.fc2.com/tb.php/7-bb3c6e64
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

幸せな「しょうがい」

「抱っこの会」というのがある。
既に成人されているダウン症の息子さんを持つ方が、同じような親子の交流の場としてご自宅を開放してくれている。
私はまだ新入りなので、2回程しかお邪魔していないが、毎回たくさんの親子が参加をしているそうで、貴重な情報交換の場になっていると感じた。


最初にそこのお宅にお邪魔したとき、ある新聞記事のコピーを見せていただいた。

それは息子さん始め、4人の新成人を祝う会について書かれた記事だった。
記事には、子供が障がいを持っていることに対して親がどう向き合ってきたか等、これまでの20年の軌跡が記されていた。

歩くのも話すのもゆっくりなダウン症児。それが体質や個性だと分かっていても、つい自分のものさしで測ってしまうジレンマ。学校でいじめがあったときも、学校が悪いんじゃないかと犯人探しをしてしまった等。
きっとこれから私もぶつかるであろう、心と現実の壁。
決して平坦ではなかった歩みが記されていた。


でもね。
成人を迎える目前に、ダウン症の人生を歩むことについて語り合ったとき、息子さんは
「そっか『しょうがい』なんだ。でも、僕、毎日が楽しい。僕は幸せな『しょうが』だ
と話していたそう。


すごく素敵な言葉だと思った。


息子さんのその言葉を聞いて、「幸せかどうかはこの子自身が考えるんですよね。」と最後まで残っていた「壁」が消えた、と記事には書かれていた。

こはるの20年後なんてまだまだ想像も出来ないけれど、こんな風にダウン症の人生を歩むことに向き合える人になってくれたらいいなあと思う。
どんな状況であろうと、こはるの珠玉の人生。
私は見守ることしか出来ないけれど、こはるが「生まれてきて良かった」と自分のことをちゃんと愛せる人になってくれれば嬉しい。


         20060809000748.jpg あなたはどんな人生を歩むのかな? 
      
私はこはるが私のところに生まれてきて、本当に嬉しいと思う。この子で良かったと思う。
たまたまダウン症という「おまけ」を持って生まれてきただけ。

ゆっくりでいいじゃない。
きっといろいろあるんだろうけど、そんなことは皆同じ。
ゆっくり、でも、しっかり行きましょ。

スポンサーサイト

5件のコメント

[C5] 糖鎖をご存知ですか?

私のブログでは、体の機能細胞のアンテナ「とうさ」を特集しています。0歳児のダウン症の子供達もすばらしい成長を遂げています。ダウン症の未来に光を当てる事が出来る情報がありますので、是非参考にしてください。

[C6] そうだね

平々凡々とすごしてきた私。今は普通のサラリーマンをしています。
生まれが田舎だったため子供のころから「何でも一番」の子でした。ある時期初めての「挫折」を味わいました。でも今思えば、あれが今の私を形成しています。かなり悩んだけど、今では冒頭のとおり平々凡々。でもこのブログを見つけ、心の中で何かがうなりをあげました。私もこれから「子」を授かる身。スーパーなどに家内と一緒に行くと親子連れの姿がうらやましかったこと。男性の私ですらそうなんだから、家内はことさらだったはず。でも家内も同じようなこといってました。「私とあなたの人生だから・・・」って。うちに帰り、すぐシャワーを浴びるふりをして、いまにも溢れそうだった涙を思いっきり流しました。今も思い出すとダメです。うれしかった。「人生」って、そういうものなのだと「挫折をあじわった若いとき」と「今」の違いはありますが、再び感じたしだいです。
  • 2006-08-18
  • 投稿者 : ap
  • URL
  • 編集

[C7] 不勉強です

てつさん、訪問ありがとうございます。
糖鎖については、ほとんどといっていいほど分かりません。
少しずつ勉強したいと思います。
  • 2006-08-19
  • 投稿者 : むく
  • URL
  • 編集

[C8]

apさん、訪問ありがとうございます!
奥様の言葉が素敵ですね。
年齢を重ねていくと、ホントに思いもかけずいろんなことがありますね。でも、挫折もまたいい肥やしになるんだろうと思います。
自分の身の丈が分かってきた今が、力まず「授かりもの」を大事に出来る時なのかもしれないと感じる日々です。

  • 2006-08-19
  • 投稿者 : むく
  • URL
  • 編集

[C13] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006-08-27
  • 投稿者 :
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kohanikki.blog57.fc2.com/tb.php/7-bb3c6e64
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

むく

Author:むく
こはる
2006年1月生まれ。ダウン症。染色体を1本多く持って生まれてきた。ゆっくり、だけど元気に成長中。

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。