Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kohanikki.blog57.fc2.com/tb.php/95-a8182088
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

祖母の死

私の祖母が先日亡くなりました。
87歳の大往生でした。
心臓と腎臓を患い、約5年間入院生活を送っていました。

昨日葬儀を済ませましたが、大好きだった祖母の死は、本当に寂しいし悲しいものです。


祖母は私が子どもの頃、身体の弱かった弟の世話に忙しかった両親に代わって、私の面倒を見てくれました。

いつも優しくて、
いつも私の話を真面目に聞いてくれて、
いつでも私の味方でいてくれた祖母。

どうしても弟にかかりきりになる両親に不満を持つ私に、「大丈夫。ちゃんと見てるから頑張りなさい」といつも励ましてくれて、
どんなに小さなことでも褒めてくれた祖母。

子どもの頃の祖母との時間は、今でも私にとって大切な時間のままです。

こはるが生まれた頃は人工透析のためにほとんど病院にいて、状態が良ければ一時的に帰宅する生活を送っていました。

病院にこはるの写真を持ってお見舞いに行ったとき、「ああ。かわいいなあ」と写真にキスをしてくれました。
そしてちょうど去年の今頃、一時帰宅した祖母をこはると一緒に訪ねました。
「めんこい(かわいい)なぁ」とこはるの頭をなぜてくれた祖母は、体重が30kg足らずになっており、既にこはるを抱っこ出来る状態にはありませんでした。

結局、その後は病院から出ることなく、祖母は亡くなりました。
病院にこはるを連れて行かないほうがいいよ、という親類のアドバイスもあったので、結局こはるが祖母に会ったのはその一回きりになってしまいました。

本葬は一日仕事になるので、こはるは保育所に預けることにし、通夜にこはるを連れて行きました。
棺に横たわる祖母の顔を見て、「あ~」と声を出して見ていました。
「なむなむは?」というと、パチンと両手を合わせていました。

祖母との思い出がいっぱいありすぎて、なかなか気持ちの整理がつかないです。
本当に大好きで仕方がありませんでした。

幽霊が怖かった子どもの頃、「ばあちゃんが死んだら、お化けになって私のところに来ないでね」と言ったことがあります。
祖母はニコニコしてその話を聞いていましたが、お化けでも何でもいいから、もう一度あの優しい笑顔を湛えた祖母に会いたいです。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kohanikki.blog57.fc2.com/tb.php/95-a8182088
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

むく

Author:むく
こはる
2006年1月生まれ。ダウン症。染色体を1本多く持って生まれてきた。ゆっくり、だけど元気に成長中。

最近の記事

最近のトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。